セキュリティ対策のシステムとスマホ

セキュリティ対策とシステムと標的型攻撃

毎年サイバー攻撃の質が上がっていると同時に量も増えているということで、特に大きな組織への攻撃が増えているということでした。また標的型の攻撃が7倍にも増えているというデータもあり、他人ごとではないという感じもします。昔は産業スパイなどでも、夜中に侵入して情報を探すというような映画などもありましたが、今ではそのようなことをしなくても、インターネット経由でサイバー攻撃を仕掛けて情報を盗み取るということも可能になってきているということになります。

攻撃がそれだけ増えているということは、成功しているからそうなっているので、絶対に成功しなければ、誰もしないとなります。そのようなデータの意味するところは、必要性と成果があるということになります。その成果が自分のパソコンやスマホにならないようにするのがセキュリティ対策のシステムの導入ということになります。

特に中小企業は一番狙われやすいということで、セキュリティ対策も大手の企業よりは甘いので、赤子の手をひねるようなものという場合もあります。また人材的にもひとりが何役も行わなければならないということで、セキュリティ対策だけをするわけにはいかないということから、対策も緩くなるということになります。そうなるとますますセキュリティ対策のシステムの導入は必須になります。

お役立ちサイト

Copyright (C)2017セキュリティ対策のシステムとスマホ.All rights reserved.