セキュリティ対策のシステムとスマホ

セキュリティ対策とシステムと巧妙な手口

インターネットの利用ということでは、お金を得るためには手段を選ばないのが犯罪集団ということで、例えば南米の犯罪組織では、インターネットで殺し屋の斡旋をしていて、何と一人殺すのに日本円で1万円ぐらいで請け負っているということでした。インターネットもそのように利用されているということですので、サイバー攻撃などは完全にビジネスになっているということかもしれません。またサイバー攻撃では、それぞれの組織でも、最高の頭脳を募集していて、最高のレベルの研究者を集めているという話もありました。

それらの学者たちを集めて、新しいウイルスやサイバー攻撃の方法を開発させているということです。そうなると標的になってしまうと逃れられないということにもなります。そのためにもセキュリティ対策のシステムの導入が不可欠ということがわかります。それぞれの標的の規模により、攻撃の手段が変わってきますので、対処できていれば防ぐこともできる可能性もあります。

実際に日本が標的にされて、大企業から最終的には資産がある個人まで狙われていたということでした。今でも同じですが、その後の経過では、大企業などからその支店、そして中小企業などが狙われるようになってきました。金融機関でも都市銀行から地方の銀行、信用組合など攻撃しやすい方向にトレンドが向かっているという状況です。ですのでできるだけ早くセキュリティ対策のシステムの導入が不可欠ということになります。

お役立ちサイト

Copyright (C)2017セキュリティ対策のシステムとスマホ.All rights reserved.